2011年03月07日

気づき

今日は雪でした雪…今年はすごく雪降りますね(関東だけかな?
今日はチョロの拒絶っぷりに対抗しはじめたのに、
気づいたら仲よくなっちゃったという時期の話ですね。


彼(旦那のことです)が帰ってくるのが遅い日は私がチョロの世話をしてたんですが、
帰ってくるのがわかった段階で玄関に移動して、玄関を背にリビングを見る格好で待ちます。
そして、彼が帰ってくると猛スピードで玄関に向かってくるチョロを抱っこし、くるりと回ってお出迎え。
そうすると私には彼が見えてるんですが、チョロに見えてるのはリビングなんです^^;
「おかえり〜」って出迎えると一見仲がいいようですが、
とうちゃんが見えないチョロはジタバタ私を蹴ってます。
他にも、チョロをがしっと捕まえたままお出迎えしたり。
彼は「仲良しだね〜」なんて言ってるんですが、
とうちゃんのそばに行きたいのに行けないチョロの頭にはむかっ(怒り)マークが…。


ごはん食べる時もピタッとくっついて隙間作りません(何のことやら意味不明な方は前回の記事見て下さいね)
鼻をぐぐっと突っ込んできてもそのまんま。
チョロが遠くから走ってきてどーん!と体当たりしてきた時はさすがに譲りましたけど…。
犬とヒトってこんな争いするんでしょうか^^;
こんな日が延々と続くのかと思いきや、
私がある事実に気付いた途端にチョロの態度が変わったのです。


その頃の彼と私は大したことじゃなくても喧嘩することが多かったんです。
そのおかげなのか、結婚してからは喧嘩はほとんどありません。
散々喧嘩したから安心して結婚できた…ともいえますが^^;
喧嘩してる間はチョロのことは全然目に入ってませんでした。
それが、ある日ふと気付いたんです。
普段はそばにいないのに、喧嘩した後は私のそばにいる!!?って。
10cmくらい離れたところにちょこんといるんです。
あれ?と思って思い出してみると……喧嘩の度にそばにいたような気がする…!
いつまでそばにいてくれるんだろう…と様子を窺ってると、私のモヤモヤが消えた頃にすっと離れました。
ということは……慰めてようとしてくれてるの??
その日のチョロも私が落ち着いた後は自分のサークルに戻って眠ってました。


そう気付いた次の日から、明らかにチョロが変わりました。
私がリードを持ってもめったに首輪抜けしない(この”めったに”ってのがポイントですね^^;
散歩の時も2人の間じゃなく端を歩いてくれるようになりました。
ごはんの時も無理やり間に入ることはなくなったし、
何度か「お手」っていうと、嫌々ながらもお手してくれるようになったり…
ちょっとずつ私とチョロだけで散歩に行けるようになりました。
まだ大型犬や吠えまくる小型犬は怖かったけど、
他のわんこもだいぶかわいいと思えるようになっていました。


他にも色々あるんですが、長くなっちゃうのでまた次回にします。
いつもお付き合いいただいてありがとうございます。
posted by みゅう at 20:55| Comment(4) | TrackBack(0) | チョロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
チョロちゃんに出会ったころの事良〜く覚えてるんですね。
私は ゴンを飼って苦手な犬を克服できたことあまり良く覚えてません。
仕事に行きながら 夢中で生活してた頃だからか、
仕方なしなし 世話をしていたらなついてきたゴンが可愛くなってきた感じです。
チョロちゃんが みゅうさんに近づいていく様子が目に浮かびますね。
犬って 本当に飼い主が喧嘩をしてる時困った顔してそばに来るんですよね。
ゴンは仲裁したんですよ。
体当たりも思わず ニタリとしてしまいました。
大は カルビをひときれ食べさせた時もっとくれと 体当たりしてきたっけ。(笑)
チョロちゃんは喧嘩の時みゅうさんに味方したかったのかな。
この人なら大丈夫 信用出来ると犬の方が判断するのかな。
それで近づいてくれるのかな。
でもこんな感じで仲良くなったら 余計思い入れがあるでしょうね。
私も ゴンにはそうでしたから。

私が ブログ始めたころ下記の所2009年8月かなゴンとの出会いを書いています。
なぜこわくなくなったか覚えてないのですが
会ったときから 平気な気がして抱っこ出来たんですよね。
ひとめぼれかも。

http://daimamabochibochi.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/post-fd63.html

昔を思い出しながら ほほ笑んだり涙ぐんだりしてませんか?
チョロちゃんは みゅうさんとご主人にたくさんいい思い出を
残してくれましたね。
Posted by 大ママ at 2011年03月07日 22:26
大ママさん、こんにちは。

チョロとのことはよく覚えてますね。
まさか無視されたり蹴られるとは思ってなかったので^^;
牛じゃあるまいし、体当たりって…しかも嫉妬で体当たり(笑)
大ちゃんもカルビがほしくて体当たりするんですね〜、かわいい♪

そういえば大ちゃんの日記は、大ママさんに知り合ってからの部分しか読んでませんでしたm(_ _)m
じっくり読ませていただきますね。
楽しみです♪

昨日はチョロのフードがなくなって(リクとは違うフードなんです。)フードストックを洗ってまたチョロのモノが減っちゃうなぁとか思って泣きそうになりました。
四十日が終わったらチョロの使ってた食器をリクにあげるので、その時にまたぐっときそうです。
本当チョロは強烈なコでした^^
Posted by みゅう at 2011年03月08日 09:27
ガシッと抱かれながらも みゅうさんを蹴っているチョロちゃんと それに気付かずに 仲良しになったと喜んでるご主人様との 食い違いが 読んでるわたしには 微笑ましく感じました♪
 
でも ほんとに優しい子だったんですね。
けんかしてるのを心配して みゅうさんのそばにいてくれるなんてね。
わたしが味方になってあげるよ!大丈夫よ!って言ってくれてたんでしょうね。

チョロちゃんだから 犬嫌いもなくなったんですね。
もう一度 会いたいですね・・・・・
Posted by りゅうママ at 2011年03月11日 00:08
りゅうママさん、こんにちは。
同じ時間にお互いコメントしてたんですね!
びっくりしました〜
りゅうママさんと通じてる感じ♪照れます(笑)

普段私を蹴ってるチョロが心配してくれるとは思わなかったのでびっくりしました。
そうですね、チョロだからこそ犬好きになったんだと思います。
これがリクなら…ベロベロ舐められまくってもっと嫌いになってたかも^^;

病院から連絡をもらって行った時に「撫でたいだろうけど今は無理」と言われてなでられなかったんです。
途中で強心剤を点滴に追加する時に酸素室のドアをあけて直にチョロを見れたんですけど、その時に怒られても撫でれば良かったと今でもよく思います。
もう一度だっこしたいし撫でたいですね。
でも、もしそれが出来ても、もう1回って何度も思うんでしょうけど…。
Posted by みゅう at 2011年03月11日 10:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/189438625
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。